小熊九太朗の〔気学塾〕

「自分への質問の質が、人生の質を決める」、世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズの言葉です。その質問は選択肢として自分に投げかけられ、選ばれた選択肢が行動となり、その結果が今のご自身を作っています。人は1日に数万以上の選択をするそうですがそのほとんどは無意識で選ばれ、意識した選択は1%未満だそうです。ですから選択する前に、自分は本当はどうしたいのか? とご自身に問うてみては如何でしょうか。

トップ > ニュース
[ 一覧 | 前のニュース | 次のニュース ]

令和元年の自分で占う運気予報5月分を掲載しています。

[2020年05月07日]
シンガポールでは、サーキットブレーカー(いわゆるロックダウン)が2か月目となりました。
街は少しですが、活気が戻ってきているような気配を感じます。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか?

今月から動画で、『ご自身で占う運気予報』をアップしましたので、お楽しみください。
 
では早速に、5月の月盤を見て見ましょう。
 
まずは、【5月の運気予報の基礎知識】です。
①5月の月盤で、あなたの本命星はどの位置にいるかを先ず見つけてください。
②そして、5月の月盤にあるあなたの本命星の位置に、令和二年の年盤ではどの九星がいるかを見ます。
※今年令和二年の年盤を見てみましょう。
 
そして、もう一つ大事な運気予報の鑑定要素として、下図をご覧ください。
これは、エネルギーの送受関係です。
 
この図が示すイメージは、
下にある盤の波動(エネルギー)を上の盤が受けます。
具体的には、最下段にある「後天常位盤」から「年盤」へ、
「年盤」から「月盤」へ
と波動(エネルギー)が伝わります。
 
 
今月の運気講座では、少しこの3つの盤のエネルギー関係をより具体的なイメージとして、下記の本命星が六白金星の人を事例にご説明しましょう。
 
(事例)
本命星が(六白金星)の方の5月の運気の予報。
 
上記の令和二年の5月の月盤では、(六白金星)は(北西)に位置しています。
年盤もご覧頂くと、(北西)には(八白金星)がいます。
つまり、今月の六白金星が本命星の人、
年盤の(八白土星)の波動(エネルギー)をとても強く受けて過ごします。
 
ここで言う『〇〇九星のエネルギーをとても強く受けて過ごします』とは、
5月のあなたの心身が感じる環境(実際の自然環境、職場や家庭環境、および人間関係)から受ける物理的かつ精神的なエネルギーです。つまり、目で見える視覚的なものもありますが、目には見えないが心身が感じる波動(エネルギー)と言うことです。
 
それでは、5月の各九星の運気の読み方は、各九星欄でご説明をすることにしましょう。