科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

携帯サイトはこちら
 
トップ > ニュース

10月の運気予報を掲載しています

[2017年10月11日]

今年も10月になりました。

今の日本では、10月22日実施を予定される衆議院選挙で、ご存知小池百合子都知事が代表となる「希望の党」が、政界再編の台風の目としての存在感を強めています。


そして、同氏から6日に初めて正式に党の公約が発表されました。


『希望の党 公約』
1.憲法9条を含め改正論議を進める
2.消費税率10%引き上げの凍結
3.原子力発電政策は「2030年までの原発ゼロ」 & 再生可能エネルギーの比率を30%まで引き上げる
“政界の渡り鳥“と称されていた小池さんでしたが、今は時の人として、打倒安倍政権の急先鋒としてクローズアップされています。人の運命とは、本当に不思議に満ちていますね。

今に先立って、先月9月30日に10月の衆議院選挙で『与党自民党と希望の党とでは、どちらが優勢でしょうか?』との占的(占う目的の内容)で六爻易占(特殊な易占方法)を用いて占ってみました。


その結果として、なんと『自民党優勢』との結果がでました。

 

先月9月末と言えば、小池百合子都知事が代表を務める新党「希望の党」の設立会見が9月27日午前。ちょうど上野動物園のパンダの赤ちゃん名「シャンシャン」の発表の直後で、これもマスコミ対策として勝負師の資質充分?との評判でした。


そして、9月28日には民進党前原代表が民主党を事実上解体して 「希望の党」 に合流すると発表。世間は「えっ」と驚き、「これは面白いことになって来たぞ」と期待する人もいたと思います。


安倍政権も、「予想外の強力な野党連合の誕生?」とビビったかもしれません。


でもその後、10月2日に民進の枝野代表代行が 「立憲民主党」結成を表明したことから、希望の党を中心勢力とした野党連合構想は“夢のまた夢”となり、小池劇場に暗雲が立ち込めたような状況に急変した様子です。

 

さて、選挙の結果は易占通り『自民党優勢』となるのでしょうか?

 


今回も元気に平成29年(2017年)10月の運気予報を始めましょう。


《10月を誕生月とする有名人》
美智子皇后(三碧木星:皇族)、宮澤喜一(九紫火星:元首相)、渡辺謙(五黄土星:俳優)、真田広之(四緑木星:俳優)、金城武(九紫火星:俳優)、黒木瞳(四緑木星:女優)、松嶋菜々子(九紫火星:女優)、郷ひろみ(九紫火星:歌手)、橋本聖子(九紫火星:スピードスケート、政治家)、中島常幸(一白水星:ゴルフ)、石橋貴明(三碧木星:タレント)、ビル・ゲイツ(九紫火星:マイクロソフト創設者)、マット・デイモン(三碧木星:米俳優)、ジョン・レノン(六白金星:ミュージシャン)等々。 

--------------------------------------------------------------------------------
小熊Q太朗の【運気予報】 平成29年10月(10月8日~11月6日)

あなたの九星を知る→ http://keisan.casio.jp/exec/system/1207304031

◎ご注意として◎
各九星の説明欄にあります吉方位は、引越や転居用ではなく、日帰りのお出かけや小旅行(数日間)のものとお考え下さい。