科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

携帯サイトはこちら
 
トップ > ニュース

9月の運気予報の掲載が、遅くなって、スミマセ~ンでした。

[2017年09月15日]

今年の日本の夏は、いま一つ季節の恩恵を十二分に享受できないうちに、秋風が吹き始めてしまった様な気がしてなりませんが、皆さんは如何お過ごしでしょうか?
東京は8月に入ってから21日間の連続降雨を記録し、東北仙台では32日連続の雨を記録しました。

そしてある自治体では、教師の労働条件改善から、大幅に夏休みの日数を削減するところも出て来たことから、私たちの子供時代に味わった“夏休み”の情感も、今は大きく異なるものになって来たかも知れませんね。

そして9月に入り、そんな悠長な感傷に浸っていられない状況が、日本を取り巻いています。

3日に六回目の核実験(水爆?)を成功させたと発表した北朝鮮は、大陸間弾道弾ICBMはいつでも発射が出来る準備態勢になっているようです。

そんな折、北と米国の仲介をスイスとスウェーデンが申し出たそうですが、内情は一般人の予想を遥かに超えて複雑化していることは、シロオトの目からみても明らかです。

実は私も、この問題を密かに易占で推測しております。

詳細な結果はこの紙面では発表することは出来ませんが、どうも各国(米・中・露、その他)から北への交渉役に膨大な資金が流れている様です。


そして、もっともややこしい事は、北の政権内部にいる交渉役と、それを妨害する派閥が北の政権内部に同時に存在し、政権内部でし烈な抗争を繰り広げている模様です。

そして、この構造は米国政権内にも別の形で存在し、抗争する派閥は中国勢力やロシア勢力も絡んでいることから、「昨日の友は今日の敵」となっていることから、誰が味方で誰が敵かが当事者同士でも分からない状況にある様です。

果たして、日本の今後の運命は、どの様な方向に導かれることになるのでしょうか?

気学や易占術を駆使して、夜な夜な解明をしている最中ですので、最近では睡眠不足気味なQ太朗ですが(〃^(ェ)^)o_彡☆、


今回も元気に平成29年(2017年)9月の運気予報を始めましょう。

 

《9月を誕生月とする有名人》
安倍晋三(一白水星:日本国総理大臣)、石原慎太郎(五黄土星:元政治家・作家)、山田洋次(六白金星:映画監督)、泉ピン子(八白土星:俳優)、竹下景子(二黒土星:女優)、中井貴一(三碧木星: 俳優)、仲村トオル(八白土星:俳優)、国分太一(八白土星:タレント)、小田和正(八白土星:ミュージシャン)、長渕剛(八白土星:歌手)、安室奈美恵(五黄土星:歌手)、田村亮子(七赤金星:柔道、政治家)、伊達公子(三碧木星:元テニスプレイヤー)等々。 
--------------------------------------------------------------------------------

 

小熊Q太朗の【運気予報】 平成29年9月(9月7日~10月7日)

あなたの九星を知る→ http://keisan.casio.jp/exec/system/1207304031

◎ご注意として◎
各九星の説明欄にあります吉方位は、引越や転居用ではなく、日帰りのお出かけや小旅行(数日間)のものとお考え下さい。