科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

 

「未知の気」とは

未知との遭遇??