科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

携帯サイトはこちら
 

今月の運気予報

今年も師走の月となりました。年末恒例ですので、日本や世界で起きた様々な出来事を振り返りながら、今年を振り返ってみましょう。

先ずは、本年1月に寄稿しました『平成29年の年間予報』の中で、幾つかの予報が現出したようでした。
例えば、『国内外の政治面で、政権の突然の交代がありそう。また、次世代に通じる政治の種が芽生えることにもなるはず』では、小池百合子都知事を党首とする希望の党の台頭で民進党が解党し、党員は希望の党と立憲民主党に分党(政権交代ではなかったですが)。その結果、次世代に通じる野党再編と憲法改正の機運が芽生えました。

もう一つ、『今まで隠されていた嘘や欺瞞が明らかにされることでしょう』の内容では、日本の女性議員たちで、「このハゲ~!」の罵倒と暴力がマスコミにリリースされ、その結果この議員は衆議院選挙で落選。また「一線は超えていません!」発言での不倫疑惑議員。「保育園落ちた 日本死ね」問題で一躍話題を集めた元民進党政調会長も不倫疑惑で、民進党を離党し今は無所属の議員となりました。

そして、『今まで闇に隠されていた陰性の事柄に世界の注目が集まり、それが白日の下で明らかになることが予見されます。』では、アメリカ合衆国大統領選挙でのトランプ氏にまつわるロシア疑惑、エリザベス女王の資産運用もリストにあるパナマ文章のリリースがありました。

『通信・web、エンタメ業界にはメガヒットがあるでしょう。』では、スマートフォン依頼の世界的メガヒットになると評判のAIスピーカーの登場です。

皆様には、平成29年はどのような年となりましたでしょうか。また、来る平成30年はどの様な年になるのでしょうか? 
それは次回に少し述べさせていただきます。

さて、それでは、今回も元気に平成29年(2017年)最後の12月運気
予報を始めましょう。

運気予報 【平成29年12月(12月7日~1月3日)】

《12月を誕生月とする有名人》
徳川家康(八白土星:将軍)、 西郷隆盛(二黒土星:明治維新)、
雅子皇太子妃(一白水星:皇族)、ノストラダムス(二黒土星:予言者
)、ベートーベン(五黄土星:作曲家)、石原裕次郎(三碧木星:俳優
)、渡哲也(五黄土星:俳優)、本木雅弘(八白土星:俳優)、 佐藤浩市(四緑木星:俳優)、樋口可南子(六白金星:俳優)、妻夫木 聡(二黒土星:俳優)、稲垣吾郎(九紫火星:タレント)、原由子(八白土星:ミュージシャン)、 笑福亭鶴瓶(四緑木星:落語家・タレント)、スティーブン・スピルバーグ(八白土星:映画監督)、ブラッド・ピット(
九紫火星:俳優)等々。
---------------------------------------------------------------------

-----------
小熊Q太朗の【運気予報】 平成29年12月(12月7日~1月3日



あなたの九星を知る→http://keisan.casio.jp/exec/system/1207304031

◎ご注意として◎
各九星の説明欄にあります吉方位は、引越や転居用ではなく、日帰りのお出かけや小旅行(数日間)のものとお考え下さい。