科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

 

方位について

「方位は迷信だ!」と言う人がいます。

その人にその訳を聞いてみました。

「だってそうでしょう。もしも、方位というものがあって、
それが凶方位であれば、その凶方位に飛ぶ旅客機のパイロットは、
みんな事故か健康を害して死んでいくしかないでしょ!」
がその言い分です。


なるほど、それはそれで疑問点としては分かります。
でも、この人は、「方位」と「方角との違いに気がつかれていないようです。



そこで、「方位」と「方角」の違いについて少しご説明します。


例えば、皆さんが賃貸マンションのお部屋を借りようとします。
ほとんどの人は、「リビングは南向きが良い!」と希望しますよね。

その場合の「南向き」とは、リビングの部屋はいつも太陽がいっぱい
入るように、「その窓が南に向いて広く開いている方が良い!」、
という意味でしょう。


この場合の『南向き』は「方角」です。

つまり、方角の『南向き』はどこまでも行っても終着点はありません。
ですから、地球を一周してまた元の場所に戻ってきます。


これに対して、『方位』は、「方角」に「位置」がプラスされているものです。


具体的には、このようなものです。
例えばあなたが今年の夏休みに海外旅行をするとします。
その渡航先をハワイのホノルルとしましょう。
日本の東京から見てホノルルは、東の方角6129km先の太平洋上の
オアフ島にあります。

これが「方位」です。つまり、【方角とその具体的位置】 です。



(さぁ、ここからが、ちょっとややこしいですが) ``r(・(エ)・;) ポリポリ

太平洋上のホノルルの位置(経度緯度)は時期によって変化する
ことはありませんし、東京から見て「東の方角」にあることも
変わることはありません。


その意味から、ホノルルという「土地の気」には、変化がありません。


しかし、人が訪れる時期(年月日)によっては、その人の「気」と
ホノルルが持つ土地の「気」がぶつかり合った時の結果が異なる
ことになります。

ここで言う時期(=タイミング)を「天の気」と言うのです。


つまり、その土地を訪れる時期を選ぶこと大切な訳です。



具体的には、今年2009年の7月と8月では、
東の方角に居る「九星」が変わるのです。

7月の東方位は「七赤金星」ですが、8月は「六白金星」となります。


この様に、位置する九星が変われば、その九星が持つ「気」によっては
その訪れた人が持つ「気」とぶつかり合った効果効能が変わって来て、
人によってはせっかくの海外旅行での結果が異なる訳です。


ある人はとてもハッピーな気分で帰国することになるでしょうが、
ある人は「新型インフルエンザ」に感染して帰国することになる
こともあるでしょう。



このように出かける場所の「土地の気」と出かけるタイミングにある
方位の九星の気(=天の気)を予め計算して、その人にとって最も良い
結果がでるように図ることが九星気学の『方位術』なのですね。



この『方位術』を、下記のフリーアプリケーション「あちこち方位」で、
あなたが出かけたい方位を確定し、積極的に利用して、思う存分あなたの運気を向上させて下さい。