「質問の質が、人生の質を決める」、世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズの名言です。人生は選択の連続です。今のあなたは選択の結果です。人は1日に数万以上の選択をすると言われ、そのほとんどは無意識レベルで行われ、意識レベルの選択は1%にも満たないそうです。たった1%以下の意識レベルの選択の前には、必ず自己への質問が存在します。自分は誰なのか? 生まれた目的は?ご自身に問うてみては如何でしょうか。

<<  2020年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯サイトはこちら

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

「平成24年の運気予報」  [2011年11月29日]
先週のコラム「平成23年の運気予想を反省して」に引き続き、今回は、「来年平成24年2012年の運気予想」です。

来年の平成24年2012年は壬辰(みずのえ・たつ)歳で六白金星が中宮します。
このことから、六白金星の象意(意味する目には見えないエネルギー)である国の象徴や政治の面で一段と大きな変化がもたらされることが予想されます。

また、企業や団体、また一般市民でも、公益を考えない身勝手な行為は社会から厳しい鉄槌を下されることになり、存続が危ぶまれる企業や個人も出てくるでしょう。
そして、国や地方自治体または所属会社に頼らずに、自分たちの生命と生活は自分たちで守る姿勢が一段と強く意識されることになりそうです。

また、七赤金星が乾宮(北西方位)に在位し暗剣殺と歳破が付くことから、国際金融市場、特に各国通貨や外国為替が、様々な国際情勢の要因から、激しく乱高下する状況に陥ることが予想され、企業運営は一段と困難が増すでしょう。
そして、国内外の風評による人心の動揺から、それによる被害が生活の様々な面で続発するが予想されます。 年間の天候は、一白水星が南に在宮することから、すっきりとしない天気の日が多く、気温はあまり上がらずに比較的寒い年になりそうなので、農作物の生育が心配です。その反面、時期的なものとして、大雨や猛暑、大型台風の襲来があるかも知れません。

では、そのような不安要素たっぷりの来年をどのように生き抜けば良いのでしょうか?

それには、自分の持って生まれた特性を活かした生き方をいっそう進めることです。何故なら、人生の吉凶は、自分独自の特性をどれだけ活かせた生き方が出来たかに係っているからです。

どんなに社会の仕組みや価値観が変化しても、社会生活のルールや規範は遵守しながらご自分の特性を把握して、その特性を活かせる価値観で人生の選択をしていければ、健全な心身が保て、生きる気力は増幅して減じることはないからです。

来年も、ますますお元気でイキイキとご活躍されますことをお祈り申し上げます。
Posted at 10:30