「質問の質が、人生の質を決める」、世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズの名言です。人生は選択の連続です。今のあなたは選択の結果です。人は1日に数万以上の選択をすると言われ、そのほとんどは無意識レベルで行われ、意識レベルの選択は1%にも満たないそうです。たった1%以下の意識レベルの選択の前には、必ず自己への質問が存在します。自分は誰なのか? 生まれた目的は?ご自身に問うてみては如何でしょうか。

<<  2020年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯サイトはこちら

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

平成23年の運気予報を反省しました  [2011年11月22日]
今年も早いもので、もうすぐ12月師走も真近となる時期になりました。
今年は、本当に激動の年でしたね。

春もまだ浅い3月11日に発生した東日本大震災から端を発し、東北地区に甚大な災害が及ぼされました。そして大津波による福島原発の事故、それに関連して日本全土が放射能汚染されたかのような風評が世界中に広がり、日本経済は深刻な閉塞感に陥りました。

世界に目を転じれば、欧州ではギリシアの経済破綻、米国債のデフォルト危機、中東革命、南シナ海での中国と近隣諸国との軋轢、タイの首都バンコクの大雨による浸水、日本の政治的混迷等々がありました。

いったい、世界はこれからどんな未来像を描けば良いのでしょうか。

そして、平成24年(2012年)は、どのような年になるのでしょうか?

来年の運気を予想するその前に、私なりに、今年平成23年の運気予想を反省してみたいと思います。

本年平成23年は、辛卯(かのと・う)七赤金星の年でした。 一番の反省点として、「震」を表す三壁木星が北(子方位)に在位したことをもっと深く考慮すべきでした。

何故なら、北は下方を意味します。ですので、「地」の下に「震」が来たことから「地震」となり、「水」を象徴する一白水星が北のすぐ隣に当たる丑寅の鬼門(東北)方位に在居したことで、地の大振動が水に伝わり、それが東北に伝播して、東日本(東北地区)に甚大な被害をもたらしたと考えられます。

そして、西に在位していた九紫火星には暗剣殺と歳破が付いていたことから、「火精気」の象徴としての原子力発電所が、津波(水と大振動)により大事故を起こし、誰もが信じえなかった原子炉のメルトダウンによる放射能汚染が発生したのです。
入念に土壌を除染を継続して行ったとしても、今後数十年間はその影響を免れないとの事です。

まぁ、ここまでのことでしたら、どんな占い師でも、この様な後付けでの説明でしたら、どんな理屈でも付けられるものです。

問題は、今年の運気予想を反省して、来年平成24年の運気をどのように読み解くかですね。

来年の運気予報は、次週ご紹介することにします。
ご期待下さい。

“〆‘(ェ)’*) サササッ  小熊Q太朗 でした。
Posted at 18:00