「質問の質が、人生の質を決める」、世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズの名言です。人生は選択の連続です。今のあなたは選択の結果です。人は1日に数万以上の選択をすると言われ、そのほとんどは無意識レベルで行われ、意識レベルの選択は1%にも満たないそうです。たった1%以下の意識レベルの選択の前には、必ず自己への質問が存在します。自分は誰なのか? 生まれた目的は?ご自身に問うてみては如何でしょうか。

<<  2020年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯サイトはこちら

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

島田紳助氏の芸能界引退に見る命式  [2011年09月06日]
大型台風が日本列島を縦断して、甚大な被害を西日本にもたらしましたが、皆様にはお変わりないでしょうか?
今年は、人と大自然との係わりを真から問い直すきっかけの時であることは、どうも間違いが無いようですね。

さて、そんな大自然との真摯なかかわりとは全く別の次元で、世間を騒がせている世俗的話題の一つとして、島田紳助氏の芸能界引退があるようです。
この事例から、なぜあれだけ人気を博したお笑いタレントであり、高視聴率を誇るテレビ司会者である彼が、暴力団組織と長年にわたる関係になってしまったのかを考察してみましょう。

島田
紳助氏の生年月日:1956年3月24日(生時不明)から、本命星:八白土星・丙申、月命星:一白水星・辛卯、日命星:六白金星・庚寅となります。

彼の特性から、少しチクッとくるような刺激的言動で人を驚かせ、(ある意味では世間はその余り教育的には有益とは言えない刺激を求めているのでしょうが)周りからはちょっと扱いにくい人物という評価を受ける面はあろうかと思います。
何故なら、彼は自分の感性を何よりも信じて行動することから、表面的には上司や周囲の人たちの意見を聞いている振りをしても、心からは耳を傾けずに、自分の納得する方法で上手に事を進めてしまう特性(十二支の申)を持っているからでしょう。

逆にそれがあるがために、もって生まれた感性とセンスを伸ばしていければ、大変なパワーが発揮され、実績をだしていくことができる力を持っているはずです。
ですから、タレントでの成功の他に、不動産業でも大きな資産を残すことに成功したのは、その表れと言っても良いでしょう。

でも問題は、ここに潜んでいるようです。
彼の本命星:八白土星と丙申から、確かに不動産関係の資産を蓄積する才能(八白土星)は大いに有るでしょうが、財を求めるあまり、行き過ぎてしまい、却って財を失うことになってしまう可能性(四柱推命での劫財)もあります。
そして、自分の感性を信じて突き進むことで、もしも社会的に出世をしていくこと(十干の丙)になれば、周囲からの指導や意見を取り入れる柔軟性に欠け、やがては孤立してしまうことになるかも知れません。
その時に「好事魔多し」の例えの如く、誰かに頼ろうとすると周囲には信頼がおける人物がなく、結果的には付き合ってはいけない類の人たちに近づいてしまうのです。

人は、どんなに絶好調になっても、社会的な成功者といわれるようになっても、自分の生まれ持った命式(プログラム)をしっかりと認識して、世間様と上手に間合いを取りながら、バランスよく中庸の道を進むことが大切なのでしょうね。

“〆'(ェ)'*) サササッ 小熊Q太朗でした。
Posted at 18:00