「質問の質が、人生の質を決める」、世界No. 1コーチのアンソニー・ロビンズの名言です。人生は選択の連続です。今のあなたは選択の結果です。人は1日に数万以上の選択をすると言われ、そのほとんどは無意識レベルで行われ、意識レベルの選択は1%にも満たないそうです。たった1%以下の意識レベルの選択の前には、必ず自己への質問が存在します。自分は誰なのか? 生まれた目的は?ご自身に問うてみては如何でしょうか。

<<  2020年08月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯サイトはこちら

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

紛失物は易占でさがす  [2011年05月17日]
易占は当たります。
なぜ当たるのかについては、古来より諸説あるようですが、私はその中でも潜在意識研究の第一人者であるマーフィ博士の潜在意識活用論が大変理解しやすいのでそれを採用しています。
易占の効果がもっとも出やすい占的(占う目的)は、紛失物を探すことです。
先日もこのようなケースがありました。
私と妻が、仕事の終わりが遅くなったので、近所でいつも行きつけのイタリアンレストラン(ラ・ボエム骨董通り店:安くて美味しく、スタッフの質が高い)で遅めの夕食をとりました。
でも、夕食の後に帰宅してみますと、妻のiPhoneが見つからないのです。(ギャ!)
仕事場に置き忘れてきたものか、レストランまで持ち込んで忘れて来てしまったものか、皆目見当がつきません。
夜も10時を過ぎていましたが、幸いにもそのレストランは近所ですから、二人で戻って、座っていた席の周辺を私が探し、妻はトイレを探しましたのですが、まったく見つかりませんでした。
仕方がないので、その晩はいったん帰宅して、「もしも見つかったら、私の携帯まで連絡をください」と店長さんに頼んでおきました。
仕事場も探しましたが、その在り処かはまったく見当が付かない有様でした。
もちろん妻の携帯番号には何度も呼び出しましたが、コールはしますが、すぐに留守録になってしまいます。

さて、どこに在るのかなぁ〜?

さっそく、小熊Q太朗のiPhoneアプリ「易学占術」の出番です。
得卦(易占をして得た卦)は、沢水困第5爻でした。
この卦は、卦名に「困」があるように、とても困るような状況を意味します。(実際、現代では携帯がなければ本当に困りますよね)
そして、「沢」と「水」も卦名にあることから、「沢=兌ダ」の喜びがあり、「水=坎」悩みを意味します。
そ〜か、やはりレストランにある可能性大です。
なぜならば、食事は「兌=口に関するの喜び」そのものであり、そこで話していた話題には、仕事上の「悩み=産みの苦しみ」があったからです。
しかも、第5爻ですから、上卦(一つの卦は、6つの爻で成り立ち、その内の上3つの爻が上卦、下3つの爻が下卦となります)ですから、上卦=外卦つまり家の外に紛失物が有ること暗示しています。
しかもその在り処は、沢と水が示す場所、つまり「トイレの可能性が大」とわたしは見ました。

翌朝、私の携帯が鳴り響きました。見つかったら連絡を頼んであった店長さんからでは?と期待して電話を取りました。
「ありました、Q太朗さん」、やはり店長さんです。
「どこにありました?」「今朝、スタッフがトイレを掃除していたら、ペーパーホルダーの上に置かれいたそうです」との事です。
確かにそのお店のトイレは、壁が黒く、ホルダーも黒ベースなので、妻のiPhoneも黒ですから、まったく気が付かなかったのでしょう。
しかも、第5爻ですから、置かれている場所は「胸」の高さであることが予想されましたが、確かに、便座に座った場合にはペーパーホルダーの高さの位置とほぼ同じです。
水洗ですから、正に「沢」のように「水」が湧き流れる場所です。
まずは、安心しました〜。

このように、紛失物探しには、易占はとても有効ですから、皆さんも、ぜひ活用してみてください。

“〆’(ェ)’*) サササッ  小熊Q太朗でした。
Posted at 21:00