科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

<<  2018年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
携帯サイトはこちら
 

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

チェーンメールへの対処法  [2011年05月03日]
朝のNKH番組「あさイチ」で、今回の震災直後にものすごい勢いで飛び込んで来た所謂“チェーンメール”を取り上げていました。ご覧になった方もいると思います。   このチェーンメールとは、誰が、どのような根拠で、どんな目的を持って発信したのかはまったく不明だそうです。 ただし、チェーンメールの情報がかなり真表性があるように見えるものとなっていることから、誰でも... [全文を読む]
Posted at 20:00
方位と易占の不思議な関係  [2011年04月28日]
方位と易占とは、不思議な関係があります。 以前の私のブログでも紹介をしたかと思いますが、3.11大震災当日夜のスーパー・ジャスコの店内での買い物客たちの様子と、翌日12日の商品を買い占めをする人たちの形相が、全く違うことをお話ししました。 NHKが放送した「大衆の商品買占め心理」でも述べられていましたが、東日本大震災の直後から起こった自己防御本能によるパニック状態に陥っている人たちは、みな震災地以... [全文を読む]
Posted at 13:00
群衆心理と風評被害  [2011年04月19日]
先日、東日本大震災の発生時に起きた〝大衆の商品買占め心理〝についてNHKで放送がありました。 その内容として、パニック状態に陥っている人たちが、自分の目の前で買いあさっている姿や、スーパーやコンビニの棚に陳列されていた商品がまったく無くなっている状況を見た時に、人は自分の自己防御として手当たり次第に買いまくる心理状態となってしまい、気がついたら賞味期限などがある豆腐や納豆までも買い占めていたとの事... [全文を読む]
Posted at 21:00
先週のコラムでは、今年が九紫火星に暗剣殺と歳破が付いていることから、火星(火のエネルギー)の代表格とも言える原子力発電所に何らかの外的要因による甚大なダメージが発生する可能性をお話ししました。 そして、今回は、原発問題の裏にある、もう一つの凶要因をお話します。 実は、こちらの方が、より広範囲に、しかも人心の奥底まで震撼させるほどの恐怖を与える力があるのです。 今年は、ご承知のとおり、七赤金星が中... [全文を読む]
Posted at 19:00
平成23年3月11日、観測史上最大規模M9の巨大地震と大津波が日本の東北地区を襲ってから、3週間が経ちました。 日本史上で、もっとも長かった3月ではなかったのでしょうか。 被災者の方々は、ようやく被災地の一時避難場所から、国が用意した仮設住宅や都道府県が提供する公営住宅への転居が始まりましたが、自衛隊や米軍の全面協力を得てしても、未だ膨大な行方不明者の安否は未定です。 加えて、未だに終息の兆し... [全文を読む]
Posted at 20:00
先回のコラムでは、大震災後に私たち日本人が直面している危機に対し、陰陽論から身体の健全化をはかれば、どんな状況変化にあっても私たちは適切な判断力が保てることについて記載しました。 今回は、日常生活においてより具体的な善処法について記載します。 健康な身体を保てたら、それを個人レベルから社会レベルへ格上げすることが必要となります。 その為には、より効果的な“陰の気”を用いて... [全文を読む]
Posted at 21:00
平成23年3月11日、観測史上最大規模M9の巨大地震と大津波が日本の東北地区を襲い、甚大な被害をもたらしました。 おぞましいことに、この巨大津波が福島原子力発電所を襲い、原発が事故を起こし、近隣には退避勧告が発令され、近県や東京地区にも放射能汚染の可能性が報道され始めたのです。 Twitter やfacebook等のSNS(ソーシャル・ ネットワーキング・サービス)が風評として人々の不安感に拍車を... [全文を読む]
Posted at 21:00
今まさに、入学・入社や、または人事異動等によるお引越しシーズンですね。 皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。 さて、転居となりますと、なにかと気ぜわしいことが多いものですね。 ましてや、転居先が今のお住まいから見て、相克方位(自分が良くない影響を受けたり、他に与えたりする方位)や凶方位(まさに凶現象が起こりうる方位)となったら、だれでも気になるものです。というよりも、嫌な気分になるものですね。 で... [全文を読む]
Posted at 21:00
今年平成23年がスタートして、季節は2月寅月から3月卯月に入りました。 皆さんの今年の運勢は、如何進行していることでしょう? 実は、毎年の運勢は、ご自身で意識していないと感じることが難しのです。 例えば、一白水星の本命星の方は、今年は艮宮に入っているために、公私ともに人生の大転換期に来たような運気が訪れていることでしょう。 また、九紫火星の本命星の方でしたら、今年は暗剣殺と歳破が同時に帯同(今年... [全文を読む]
Posted at 22:00
先回は、神社さまの本殿が北極星(北方位)を背負うように建っていることについてお話いたしましたが、今回は、方位の基本となる北(十二支の子)にまつわるお話をすることにしましょう。 今の日本は、2月4日の立春が過ぎて、暦では春を迎えようとしていますが、実感する季節は冬真っ盛りといったところでしょう。しかし、自然界の「気」は、確実に陰気が衰え、陽気が次第に盛んになり始める時を迎えているのです。 春に向... [全文を読む]
Posted at 20:00
一味違う陣社の参拝とは  [2011年02月18日]
2月も節分と立春が過ぎた頃となり、春一番かと思われるようなほのかに暖い疾風が吹きこむ日もあるようになりましたが、皆さまには如何お過ごしでしょうか。  今年の年始の初詣は、どこの神社仏閣でも、大入り満員の盛況(笑)だったとのことでした。  これも、景気の回復どころか、先行きがまったく見えない不況を神頼みしてでも何とか乗り切りたいという切実なる人心の現れでしょうか。 ... [全文を読む]
Posted at 21:00
2月3日は、ご存じ「節分」の日でしたね。そして、翌日2月4日が立春ですから、旧暦では立春からが新年となる訳です。 「節分」とは、文字通り、季節を分けることですから、冬から春に季節を分ける「旧暦の大晦日」なのですが、今年は少し勝手が違うのです。 「旧暦」とは「太陽太陰暦」のことで、「陰」とは月のことです。 つまり、旧暦は月の運行が暦の基本となっていることから、新月になった時が一日になり、一か月が始ま... [全文を読む]
Posted at 21:59
先週末に、シンガポールから帰国しました。 中国正月を2月に控え、街はその準備でとても忙しそうでした。  さて、帰国早々のこの週末には、エジプトの首都カイロでは、民主化の大規模な反政府デモが勃発し、エジプト全土では29日から30日にかけて、暴徒による略奪や放火が各地で激化、騒乱状態となっているようで、カイロ空港でも日本人観光客が足止めをされている模様で、邦人救出用に日本政府もチャーター... [全文を読む]
Posted at 10:00
方位と易占の関連性  [2011年01月25日]
現在、私の気学塾教室での上級者講座では、「易占と気学」と題して、気学の中でも特に“方位学”で運気の鑑定をした結果、その選択肢が複数あった場合に、どの選択肢がベストなるのかを易で占うことを勉強しています。これは、「東洋運命学の神髄や深みが感じられる」と、皆様からとても好評です。 たとえばこんな私の個人的な例をご紹介しましょう。 昨年クリスマス時期からシンガポールに出張し、... [全文を読む]
Posted at 19:09
2011年の運気予報  [2011年01月11日]
皆さま、あけましておめでとうございます。 “〆'(ェ)'*) サササッ  小熊Q太朗 です。 旧年中は大変多くのお問い合せや鑑定依頼をいただき、誠にありがとうございました。 昨年は、皆さまに取りまして、如何な一年でしたでしょうか。 そして、今年2011年(平成23年)は如何な年になることでしょうか? 易者の世界では、12月の冬至の日(昨年は12月22日でしたが)に、翌年の自分の運... [全文を読む]
Posted at 21:30