科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

<<  2018年04月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
携帯サイトはこちら
 

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

今年も12月は師走となり、もうすぐ冬至(今年は12月22日ですね)の時期となりました。 そう言えば、東京でも急激に寒さが増してきたようです。 皆さまは、超多忙なこの時期を、お元気でご活躍のこととお察しいたします。 さて、今年を振り返れば、日本は千年に一度と言われる未曽有な試練を体験しました。 この試練は、まだ将来に向けて私たちが背負っていかなければならない課題でしょう。 しかし、いつまでもマイナ... [全文を読む]
Posted at 21:00
「平成24年の運気予報」  [2011年11月29日]
先週のコラム「平成23年の運気予想を反省して」に引き続き、今回は、「来年平成24年2012年の運気予想」です。 来年の平成24年2012年は壬辰(みずのえ・たつ)歳で六白金星が中宮します。 このことから、六白金星の象意(意味する目には見えないエネルギー)である国の象徴や政治の面で一段と大きな変化がもたらされることが予想されます。 また、企業や団体、また一般市民でも、公益を考えない身勝手な行為は社会... [全文を読む]
Posted at 10:30
今年も早いもので、もうすぐ12月師走も真近となる時期になりました。 今年は、本当に激動の年でしたね。 春もまだ浅い3月11日に発生した東日本大震災から端を発し、東北地区に甚大な災害が及ぼされました。そして大津波による福島原発の事故、それに関連して日本全土が放射能汚染されたかのような風評が世界中に広がり、日本経済は深刻な閉塞感に陥りました。 世界に目を転じれば、欧州ではギリシアの経済破綻、米国債の... [全文を読む]
Posted at 18:00
個人鑑定を多く手掛けていますと、「人の持つ悩みは、思わぬところに真の原因が潜んでいる」ことが分かります。 先日も、大変興味深いご相談が東京の南青山でありました。 それは、とても気品のある老婦人からのご相談でした。 この女性には、葉山にお住まいの娘夫婦と二人のお孫さん姉妹がいらっしゃいます。 ご相談のご婦人(おばあちゃま)曰く、この1~2年間主婦をされている娘さんが、お孫さんの長女が身の回りの... [全文を読む]
Posted at 20:00
命式は訴えているのです  [2011年11月08日]
シンガポールから今月5日早朝に羽田空港に帰国しました。 シンガポールからの羽田着便は深夜フライト便ですが、最近はちょっとしんどくなって来ました。 やはり、歳のせいでしょうかぁ?ヾ(´(エ)`;)ゝ さて、今回もシンガポールでは、とても興味深い個人鑑定をさせて頂きました。 それは、駐在歴 6年になるご主人と5歳と2歳になるお子さんをお持ちの日本人女性からのご相談でした。 ご相談の最初... [全文を読む]
Posted at 17:00
人は、非日常の世界に身を浸すと、思わぬ力が湧いてくるものです。 例えば、ご旅行などは、その典型的なものでしょう。 毎日が同じような業務の繰り返しで、さすがに嫌になってしまった時などは、一泊でも近隣の観光地やリゾート地に小旅行に出かけることは、本来の「人の気」を取り戻すには最適です。 その際には、ぜひ吉方位でお出かけくださいね。 さて、私も先週末から仕事と旅行を兼ねて、熱海湯河原、そして伊東温泉に二... [全文を読む]
Posted at 20:00
私が易占講座を受け持っています東京恵比寿にあります“占いと心理学の学校:アカデメイア”で、先週土曜日から、「易占応用講座」が始まりました。 この講座は、本年夏までに同校の「易占初級講座」を受講した方々、または過去に易占を多少とも勉強された方向けに、易占での射覆(せきふ)に重点を置く内容となっています。(詳しくは、「アカデメイア 小熊Q太朗」を検索してください) この&ldq... [全文を読む]
Posted at 19:00
先週末に、シンガポールから帰国しました。 日本に帰って来ると、もちろん生まれた地ですから、ホッとしますが、ますます元気なシンガポールと比べると、日本がどうも元気が無いように見えて、何となく心さびしい気がしてなりません。 それこそ、日本の企業戦士は、命を懸けて毎日懸命に闘っているのでしょうが、その戦略の根本が今の時代に適していないような気がしてなりません。 つまり、日本人は、何のために闘っている... [全文を読む]
Posted at 19:00
私は10月の連休をまたいで、15日までシンガポールに出張に来ております。 この連休を利用して、日本国内外にお出かけの方々も多かったのではないでしょうか。 例えば、この連休の10月8日から1週間の予定で、アメリカのNEWYORK市の友人に会いに行ったとしましょう。この場合のご自身の運気の見方や現地での出来事を予測するには、主に二通りの見方があります。 一つは、みなさんご存じの「方位」による見方。... [全文を読む]
Posted at 22:00
最近の個人鑑定依頼では、少しずつ男性からのご相談が増えています。 先回のシンガポールでの鑑定では、多数の女性の方からのご相談に混じって、一人の男性からの鑑定依頼がありました。 しかし、個人鑑定において、男女で大きく差が出る点があります。 それは、男性の場合は、「個人的には占いには興味があるが、それが論理的に納得がいくものか否かなのかで、信じる信じないを決定する」点です。 このような男性の鑑定の場合... [全文を読む]
Posted at 19:00
台風15号が日本列島を吹き抜けた後、秋分の日を挟んで随分と秋めいた気候になってきました。 地球は地軸を傾けながら、確実に太陽の周りを公転していることが、季節の移ろいで体感できますね。 さて、私はこの9月にシンガポールに出張に行ってきました。 月盤ではシンガポールは七赤金星方位ですので、私にとっては吉方位取りです。 私は去年からの計画通りに、今年の3月14日に現在の住居である東京都港区南青山に移... [全文を読む]
Posted at 20:00
地球と宇宙と気学の関係  [2011年09月20日]
9月18日(日)午後5時から数時間にわたり放映された、地上数百キロ上空にある国際宇宙ステーション(ISS)から地球をNHKハイビジョンカメラで捉えた、宇宙でも地球でもない“宇宙と地球との狭間”の生中継映像である「地球のNHK宇宙チャンネル番組“宇宙の渚”」をご覧になられた方はいらっしゃいましたでしょうか? 私は、“驚いた〜!&rdquo... [全文を読む]
Posted at 21:00
吉方位取りの引越には  [2011年09月13日]
暑かった夏が過ぎて、秋風を感じ始める頃になると、引越を考え始める方が増えてきます。 “気分を変えたい”と言う思いは、決して感傷的なことだけではなく、将来への希望を含んでいるものだからです。 しかし、転居には、かなりな勇気が必要となります。 何故なら、今までに目指していた生き方や価値観を、今一度考えなおす勇気が要求されるからです。 転居する場合には、先ずはあなたの吉方位を... [全文を読む]
Posted at 20:00
大型台風が日本列島を縦断して、甚大な被害を西日本にもたらしましたが、皆様にはお変わりないでしょうか? 今年は、人と大自然との係わりを真から問い直すきっかけの時であることは、どうも間違いが無いようですね。 さて、そんな大自然との真摯なかかわりとは全く別の次元で、世間を騒がせている世俗的話題の一つとして、島田紳助氏の芸能界引退があるようです。 この事例から、なぜあれだけ人気を博したお笑いタレントであ... [全文を読む]
Posted at 18:00
方位取りは、古くて新しい  [2011年08月30日]
気学においての「方位取り」は、古くて新しい吉運招きの術ですが、どうしても凶方位を取らざるを得ない状況が人生ではしばしば起きることがあります。 そのような時、「どうすれば良いのですか?」とのお問い合わせを頂くことが多くあります。 考えてみれば、それほど日常において無意識で行動している限りは、吉方位を取れることは少ないという証でしょうね。 この点につきまして、私の事例をお話し申し上げましょう。 8... [全文を読む]
Posted at 19:00