科学万能な現代に、なぜ今、運命学である気学が求められるのでしょうか?

<<  2018年11月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯サイトはこちら

小熊でも解る”九星気学”

小熊Q太朗のブログです。

人は、人生と言う大海原で、一度は溺れそうになることがあるものかも知れません。 今回のシンガポールでは、個人鑑定をさせて頂いた方々の中に、そんな状況下にある女性たちがいらっしゃいました。 人生の凶事は、突然襲ってくるように見えますが、実は、過去の選択肢の結果であることは、占うまでもないものです。 では、なぜ人は、今その選択肢を選んでしまえば、将来必ず訪れる出来事を、事前に予測できないのでしょうか... [全文を読む]
Posted at 22:00
今年の日本の夏は、猛烈な暑さが連日続いています。 暑中お見舞いを、申し上げます。 そんな猛暑の夕暮れ時には、冷えたビールを飲みたくなるのが人情でしょう。 私の仕事場からは、東京の渋谷がもっとも近い繁華街であることから、“暑気払い”と称して、先週末に渋谷のコジャレた焼き鳥屋さんに妻と飲みに出かけました。 週末でしたが、夜7時頃のまだ早めの時間帯でしたので、私たちが座ったカウン... [全文を読む]
Posted at 21:00
命式中の五行(木・火・土・金・水)の精気のうち、どれが最も強いかで、その人の精神的傾向はもちろんのこと、身体的特徴が出るとされています。 例えば、“木”気が多い人は、幾つになっても“若若しい”雰囲気があり、いつも新しいものに興味を持ち、周囲の人たちの“気”がスムーズに働くように気を使いますので、かえってそれで気疲れてしまうこと... [全文を読む]
Posted at 21:00
命式中で五行(木・火・土・金・水)の中で“水気”が多いと、骨が強い、または歯の数が多いことの証明を、先日経験してきました。 抜歯の為に、一泊入院して来たのです。 「抜歯の為に入院?」と意外に思われるかも知れませんが、これが、大学病院で全身麻酔を施すほどの大げさな歯科手術でした。 実は、私こと小熊Q太朗は、命式(生まれ持った五行の特性)からしますと、水気が他の五行気(木・火・... [全文を読む]
Posted at 21:00
先回のコラムに引き続き、私の気学塾で行われている五行易断講座で、実際に受講生の方々が出した易断の“当てるすごさ”について、お伝えしましょう。 原発の再稼働についてです。 2012年7月9日午前1:00、ついに大飯原子力発電所3号機がフル稼働を始めたのは、すでにご承知の通りです。 それは、2012年5月7日に北海道電力の泊原子力発電所3号機が停止して以来、およそ2カ月ぶりに原... [全文を読む]
Posted at 21:10
前回のコラムでは、“六爻卦易(五行易断)”の正確性と深遠さについてお伝えしました。 今回は、その具体例を紹介しましょう。 例えば、オウム真理教サリン事件の最終容疑者“高橋勝也”が逮捕されたのが、たしか6月15日でした。 それ以前に、警視庁が高橋容疑者の映像を全国規模でTV放映し、かつ情報提供者へは多額な懸賞金をかけて、指名手配を強化していたのが6月8... [全文を読む]
Posted at 20:00
六爻卦易断は当たる  [2012年06月19日]
6月に入ってから、世間を騒がせている大事件が急浮上しています。 それは、日本政府誘導による“大飯原発の再稼働”、オーム真理教事件での最後の指名手配者であった“高橋克也容疑者の逮捕”、そして、6月17日にありましたヨーロッパ金融不安の発端となっている“ギリシア再選挙”の結果です。 どれをとっても、日本は勿論のこと、今後の世界がど... [全文を読む]
Posted at 21:00
6月は「水無月(みなづき)」と言われますが、“水が無い”ということではなく、「無」は、「の」にあたる連体助詞「な」で、「水の月」という意味らしいです。 まさに、日本では梅雨のシーズンです。 この時期は、湿気が非常に高くなり、誰でも体調を崩しがちとなりまね。 その原因として、漢方では、「湿邪」と称しています。自然界では当然の季節循環ですから文句はありませんが、やっぱり不快な状... [全文を読む]
Posted at 21:00
5月に出かけた米国Los Angelesへの機中で見た映画に、“ファミリー・ツリー(原題は“The Descendants”子孫の意味)がありました。この作品は、本年度米国アカデミー賞脚色賞やゴールデングローブ賞等を受賞したものです。 現在アメリカ映画界の中で、もっともクールで渋い二枚目俳優の代名詞となっているジョージ・クルーニーが主役を張っています。 そのスト... [全文を読む]
Posted at 21:00
すべて、凶方位のせい?  [2012年05月23日]
世間が不況の真っただ中であるからでしょうか、最近頂くご相談で多いのが、ご主人のお勤め先が不況で収入が低下してために、子供の教育に十分な支出が出来なくなりそうで、その為に、夫婦の老後のための貯蓄を取り崩すことになると思うと将来が不安、とのお悩みです。 今回の東京でのご相談者(Aさん)の場合も、まさに上記の内容そのものでした。 悪いことが連続して発生する原因も、昨年に知らずに凶方位で移転してしまったせ... [全文を読む]
Posted at 20:00
私がシンガポールで出版されている無料情報誌“マンゴスティン倶楽部”では、誌上にてさまざまなご相談を受け付けています。 最近頂いた一例をご紹介しましょう。 〔お名前〕:N子さん 〔生年月日から導き出される命式〕本命星:二黒土星・辛亥(かのと・い)、月命星:一白水星・庚子(かのえ・ね)、日命星:三碧木星・癸巳(みずのと・み)となります。 〔ご相談内容〕:別れて1年経つ彼氏が未だ... [全文を読む]
Posted at 21:00
大リーグに移籍したダルビッシュ投手が、大リーグ戦で大活躍しました。 私がちょうどLos Angelesに出張で滞在していた4月24日のNYヤンキーズ戦でした。 大リーグ屈指の名門チームであるNYヤンキースを相手に、8回3分の1まで投げて、10個の奪三振、失点ゼロは、まさにテキサスの地元ファンが彼に対して捧げ熱狂的な大声援と称賛に値するものでした。 さて、なりもの言いで日本ハムからテキサス・レンジャ... [全文を読む]
Posted at 20:00
早くも桜はほぼ散ってしまった東京ですが、先週末の15日(日)に、私が趣味にしているカメラ撮影教室が浜松町で新規にスタートしたと、開催者からメール連絡が4月初旬にありましたので、楽しみに出かけていきました。 それがなんと、現地に到着しても、そのような講座が開催されている様子がなかったのです。 3月にも同講座の開催予定日に開催地である自由が丘スタジオに伺った際も、今回同様、教室が開催されている様子がな... [全文を読む]
Posted at 18:00
台湾の占い事情  [2012年04月11日]
週末に台北から帰国しました。 台北では出版関係の仕事での4日間ほどの出張でしたが、最終日に時間の余裕ができたことから、台北最大(実はアジアでも最大級)の書店が、新光三越ショッピングセンターの中にあるます。その名を“誠品書店”です。 こちらでは、みな立ち読みならぬ“座り読み”が至る所で見られました。ちゃんとした椅子やベンチもコーナーに用意されているので... [全文を読む]
Posted at 20:00
運勢とおみくじの関係  [2012年04月03日]
関東地方でも、ようやく桜が開花しました。 そして、この時期は、思わぬ寒の戻りや、春の嵐さながらの突風が起こりやすくので、春だなぁ~と言っても、まだまだ気を緩ませることは出来ませんね。 ただし、この時期は、“気迷い”の時期でもあるのです。 こんな時は、寄せられるご相談も“気の迷い”に関係する内容が多くなります。 先日も、関西在住のバリバリの保険営業マン... [全文を読む]
Posted at 20:00